仙台で生まれて25年間すごして、ひょんなことから関西の人に嫁ぎました。 和歌山在住。 家族は主人と京都に暮らす大学生の娘、13才でお星さまになったコーギー犬リリィです。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年03月28日

休みだ。休みなんだなぁ。

娘の買い物を待つ間、一人、ミスドでお茶した。

仕事行きたいなぁ。

二階のYさんは車椅子に乗って、『おトイレ?』って言ってもらうの待ってるだろな。

三階のkさんは相変わらず待っててね、に『よっしゃ、よっしゃ』っていってるだろうな。

もう一人のYさんも、リハビリさんにしっかりがんばって!と叱られながら、ごまかし笑いをしてるだろうな。
『リハビリつらい、私もう八十やで。脳梗塞五回めや、もうがんばるのつらいんや。』
トイレでぽつりと話してた。

遅々として実感できないリハビリの効果に、弱音とも思える本音を話した。

担当者に話してくるの、忘れたなぁ。

今日も、頑張りなさいと叱られているかしら。
苦笑いしながら。

今日の夜勤はだれかなぁ。

静かな一夜でありますように。
  


Posted by リリィ at 21:55Comments(0)

2009年03月27日

歓送迎会

今日は、退職する病棟とリハビリとの合同歓送迎会があった。

たった7ヶ月間の職場だったのに、みんな退職を惜しんでくれる。

次がいやになったらいつでも戻っておいでと、みんな口々にいってくれた。

この環境を望んで捨てるのかと、また明日からもあの病院に通うような気がしながら退職を自分に言い聞かせる作業をしていた。

次は。

どんな出会いがあるだろうか。

後悔をさせないでほしいなぁ。

みなさん、ありがとうございました。

また会いましょうね。

7ヶ月間の感謝をこめて、
ありがとう。

春木駅までの定期を使うのも今日が最後です。
  


Posted by リリィ at 23:27Comments(0)

2009年03月24日

勤務最終日

夜勤明けで勤務最終。

申し送りのあと、あちこちに挨拶にいって、おどろかれたり惜しまれたり。

昨日購入した三色ボールペンにちいさなメッセージをつけて、看護スタッフとリハビリスタッフへ。


まだなんだか明後日には勤務が待っているような気がする。

感謝して、惜しまれて、退職するのはいつも就職したときの目標。

短期間だったけど、今回も目標クリアね。

次に待っている壁を楽しみに待ちましょう。

よじ登ってやるわ。  


Posted by リリィ at 11:38Comments(0)

2009年03月22日

最後の日勤

三月はあれこれ忙しく、写真は撮りためたのにアップもせず過ごしてしまった。

(^^ゞ

暇になったらまとめてアップするね。

さて〜、(^O^)/

今日は日曜日日勤。
今の職場での最後の日勤。
そして最後の居残り業務。
明日の夜勤を最後に有休に入り退職する。

思えば、去年の今頃も同じような思いで過ごしていた。

咲きはじめた桜を希望いっぱいでみていたけど、

大きく裏切られた。

夏までに自分を追い詰めてしまい、へとへとになっていた。

かつての劣等感が支配して体重は減り、体調管理までできなくなって弱音を吐いた。

苦しかったなぁ。

しかし、環境が変わると状況も変化して業務になれるにしたがってストレスは軽減した。

いまの職場は楽しい。

この病院にきてよかったと初めて思えた。

みんな、退職を惜しんでくれる。

職場は内容ではなくてやっぱり人間関係だねぇ。

こんどの職場も私を受け入れてくれるといいなぁ。
  


Posted by リリィ at 12:02Comments(2)

2009年03月01日

皆勤賞



娘が皆勤賞をもらってきた。

もともと、学校を休むのは大嫌いな娘。

一人っ子だから、うちにいるより友達と過ごせる学校が大好き。

小学校の時は一年生のときに喘息で一日だけ休んだ。

中学の時は、友達を待っていて、一日だけ遅刻してしまった。

皆勤賞がもらえるのは高校がラストチャンスだった。

自宅から13㌔の距離にある高校へ自転車で通った。

時には、寝坊しておじいちゃんに車で送ってもらったり

制服の上着を忘れて取りに戻り、校門の閉まり掛けを

先生に懇願して開けてもらったり、

下校中に縁石で自転車ごと転倒して怪我をして、数日私に車で送ってもらったり、

びっこをひこうが、高熱を出そうが、台風だろうが、意地になって通った。

なにがなんでも今度は皆勤賞をもらうんだと。

3年前。

この高校に決まったとき、本当に通いきれるのかと心配だった。

13㌔は自転車で通う距離ではないだろう。まして女の子が。

誰にはなしても驚かれる長距離を、通いきった。


お陰で、両足は女子高生とは思えない筋肉になり、

そこいらの自転車部の男子でもまけないくらいのスピードでママチャリを漕ぐ。

春からの住まいは、大学から3㌔ほど離れているので

「遠いんじゃない?」という私に

「3㌔なんてすぐそこ」と笑う。

目的達成の陰には、たくさんの人の助けがあったことも

忘れないでね。

明日は、卒業式。

今年は、晴れそうだね、おめでとう。


  


Posted by リリィ at 12:26Comments(0)

2009年03月01日

白浜 2日目

雨の白浜。

夜になって天候悪化。

浜から吹き付ける雨・風で一晩中台風の最中のようで

何となく不眠だった一夜が明け、曇天ながら何とか雨は上がった。



せっかく温泉に来たんだから、朝湯を堪能。

ボ~ットしながら正しい日本の旅館の朝食をいただき、

テンションあげつつアドベンチャ~ワ~ルドへ出発。

本当は、旅館組合のシャトルバスで行くはずが、満席で乗車できず。

ちょっと贅沢だったけどタクシー呼んでもらって行きました。

車で10分ほどで到着。

天気いまいちの月曜日だというのにけっこうな人出。。。

これ、シーズンだったらどんなに混んでるんでしょう。

前日に割引券買っておいたから、入場券と引き替えて入場。

入り口は、おみやげもの屋さんいっぱいの「バザール」

どこでもこんな、ディズニーランドチックなエントランスねぇ。

ま、目的はパンダちゃんなんだけど、パンダ館への道すがら、

久しぶりにペンギンとか白熊とかラッコとか、みながら

イルカショーやアニマルショーを楽しみました。

子供が小さい頃はよくこういうの見に行ったけど、大きくなると行かなくなっていたなぁ。

少々生臭い(エサが鰺だもん)けど、かわいいしぐさに癒されました。

さて~、目的のパンダ館に到着。

むか~し、上野にパンダが来たときはすごい人出で警備も厳重だったけど、

なんだかふつーな感じで人もまばら。

野外の運動場ではお母さんの良浜(ラウヒン)が、ゴロゴロ。。。

パンダって、白かったよねぇ。。。。みたいな。。。まさかの茶色。

やっぱり、汚れで汚くなるんですって。

室内運動場では、昨年生まれた良浜の子供達がころころと遊んでいました。

なんで、こんな動物がいるんでしょうね~。

愛らしくて、さわりたい。

保護色でもなく、熊なのに笹食べて。。。

子パンダ、ご堪能ください。













かわいいでしょ~。

二頭で、ずっところころと遊んでいます。

ぬいぐるみが、生きている感じ。。。

ずっとみていてもあきません。

フラッシュをたけないので、暗めの写真になっていましましたが、

中には再三「フラッシュは赤ちゃんの成長に悪影響があります」って、

飼育員さんが言っているのに、パシパシたく人がいて。。。

かの、旭山動物園でも困っていましたよね。

自動フラッシュを解除できない人も多く。。。

取り説をちゃんと読んで、フラッシュを切り替えできるようになってから

動物を撮りに来て欲しいですね。

カメラメーカーさん、動物撮影用のモードを開発してくれないですかね。

これから年寄りも増えることだし。

パンダをゆっくり楽しんで癒されて、せっかく来たんだから、

サファリツアーとふれあいランドでいろんな動物さわってみて、

お昼たべて、パンダの肉まん食べて





最後におみやげ買って~。

バスで白浜駅へ向かい、特急「くろしお」に乗って和歌山へ。

母と娘の卒業旅行は終わりました。

楽しかった。

温泉行ったのに、荷物と寒さで肩が凝って、数日しんどかった私です。

白浜はわりと近かった。

また行きたいと思いました。

子パンダ、大きくなってしまう前に、ぜひ和歌山にお越しください。

かわいいなんてモンじゃないから。
  


Posted by リリィ at 11:41Comments(0)