仙台で生まれて25年間すごして、ひょんなことから関西の人に嫁ぎました。 和歌山在住。 家族は主人と京都に暮らす大学生の娘、13才でお星さまになったコーギー犬リリィです。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年10月30日

軽井沢後編

もう、2週目の週末が来てしまった。。。

アップが遅くてすみません。



軽井沢、後編は二日目のお買い物から。。。

ランチをおなかいっぱい食べた後、夕方に地元のスーパー「ツルヤ」に

お土産を買いに連れて行ったもらった。

昔は魚屋だったという「ツルヤ」

この地方ではけっこう大きいスーパーになっているらしい。

「軽井沢」って言う限りは「高級?」とおもいきや

これがかなりリーズナブル。

っていうか、和歌山より物価安くね〜か?と思うほど。

お野菜は新鮮だし、きのこなんて箱売りだし。。。。

中でも「ツルヤ」のオリジナル商品が多くあり、ワインとかジャムとかさまざま。

職場へのおみやといえば、安いクッキーとかお菓子が定番だが

ありきたりのものはおもしろくないな。。。。っと思っていた。

。。。そうだ、ジャムにしよう。。。

幸い、オリジナル商品にあったジャム。。。

味見はできなかったが、大瓶を3種類購入。

巨峰・木苺・あんず。

自宅用に小瓶も何個か購入。

ほかにお勧めのきのこの袋詰めとかお豆さんとか

地元のものをあれこれ購入して宅配用の箱もゲット。

これでお土産もできたし〜。

今夜はたらちゃんちでゆっくりさせていただくことになる。


広い窓からお庭が見渡せるダイニングで

お鍋を囲んで、たらちゃんが海外出張のときに機内販売でわざわざ買ってくるという

梅酒も飲みながら、遠慮なくがっつり食事をさせていただいた。


食後は、たらちゃんと昔話。。。

あったかい週末だったので、せっかくの薪ストーブに火を入れるほど寒くなかったから

薪ストーブを眺めることはできなかったが、

たらちゃんが昔撮ってきた北海道の写真や、出会った夢舎の話、

現在の移転した夢舎の様子、

雑誌「とほ」のこと、子供のこと、仕事のこと。。。などなど。

終盤、眠そうになったたらちゃんは寝室へ退散。



で、奥様と主婦談義となる。

たらちゃんより10歳年下という奥様だが、なぜかあんまり年齢差を感じない。

彼女が大人なのか、たらちゃんが子供なのか。。。?



出会ったときに「この人と結婚するかも」と思ったという彼女。。。

「そんなことなかったですか?」ときかれたが

。。。。。。。。。。いいや。。。まったく経験なしです。

っていうか、結婚してからも、何でこの人と結婚したんだろうと疑問に思いつつ

過ごしてきた私には、この幸せオーラは理解できない。。。

たらちゃんいわく、私は「経験値がたりなかったね」ってことらしい。

あぁ。。。そんな風に直感で感じる出会いって、なかったかもしれない。

やっぱり経験値が足りなかったのか?????

ほっといてくれや。



奥様はなんだかんだたらちゃんの悪口?を言いながらも

”もし、こうだったら、もっともっと彼のことが好きなのに。。。”

と言いたげな、かわいい、かわいい愚痴だった。


夫に惚れてるって、かわいいな〜。

私にはもうない感情だ。。。な。



いやみなくかわいらしい奥様は、やっぱりたらちゃんがここまで待っただけのことはある。

やっぱりいい人にはいい人が伴侶になるのだ。



まあ、うちのことはいいから。



翌日は、少し寝坊したんだけど、たらちゃんの朝の散歩にまた連れて行ってもらった。

コースを変えて、国道を渡り反対側の住宅地へ。

この辺は犬を飼っているお宅が多いのか、犬の散歩をされている方にたびたび遭遇する。

みんなよくしつけられているのか、知らない人間でも飛びついたりはしない。

ちゃんと飼い主の横を静かに歩くいい子ちゃんばかり。

リリィと同じコーギーにも出会った。

こんなところなら、犬を飼うのもいいよね。。。。



散歩から帰ると、「今日はモーニングをしているカフェに朝食を食べに行くから」と

車ででかける。

IKKOさんの別荘が近くにあるという別荘地のなかほどに

そのカフェはあった。

移住組みのご夫婦が開店してまだ二年だというのにもう有名店らしい。

夏場は大変混んでいたという。

小さな店内はそれでもすいているほどではなく、お客さんはひっきりなし。

おいしいスープとパンと紅茶と。。。

ゆっくりするっていいことだ。。。。

モーニングをいただいてから、たらちゃんにゴルフの練習場に誘われる。

彼は最近ゴルフにはまっているらしく、いかにゴルフが魅力的なスポーツか

語られた。。。ま〜、熱心に。。。

街の中のネットで囲われた練習場とは違って

緑の中に打ち上げるその練習場は、「あ。。。いいかもなぁ。。。」と思う感じだった。

で、昔、夢舎で聞いたような一言が。。。

「はじめたらいいよ、来年は一緒にゴルフしようよ」



聞いたことあるぞ?その、「来年は。。。」

確か夢舎で「来年はバイクでおいでよ」といったのは彼だった。

そして、調子に乗って教習所にいって、転倒してひざの靭帯を切った。



悪魔のささやきか。。。?



今度はどこを怪我するかな。。。と思ってなんか笑ってしまった。

その後も、連れて行ってくれたアウトレットで「ゴルフはいいよ〜」「はじめなよ〜」と

”洗脳”されそうになる。。。。



バイクほどリスクは高くないが。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



気を取り直して、アウトレットのスタバで帰りの電車を検索し

帰路に着く準備を始める。



やや忙しいが、16時台の新幹線で軽井沢を離れることになった。

駅のホームまで見送りに着てくれたたらちゃんファミリー。

愛娘ちゃんがさびしそうにしてくれたたのがうれしかった。


帰りの車中、乗り換えの時間と乗り換えホームを確認しつつ

この二日間の貴重な時間に感謝した。

二日間だったのに、長い長い休暇を過ごした後のような心地いい疲れの中にいた。

また。いっちゃお。。。。




現在、シカゴ出張中のたらちゃんへ。


滞在中、なんだかめいっぱいご馳走になり、

二日間、家族で付き合ってくれてありがとうございました。

今度は、娘を連れて、薪ストーブの火を見に行きます。

雪が降ったら教えてね。

休暇とらないといけないから。。。ねっ。



追伸:悪魔のささやきについては、現在検討中です。  


Posted by リリィ at 21:51Comments(0)

2010年10月28日

四半世紀前。。。

この軽井沢の旅に至るには

四半世紀前の北海道に出会いがあった。



就職して二年目の夏休み。。。っていっても9月中旬、三度目の北海道一人旅に出ていた。

その時立ち寄った小さな民宿、夢舎(ゆめや)。

そこにたらちゃん達がいた。

あのころは、女の子も男の子も一人旅が多かった。

交通手段は周遊券利用の電車組、ライダー、レンタカー、自前の車、チャリンコなど様々。

私は、周遊券で電車組、彼はバイクできていたライダーだった。

小さな駅のなんにもない駅前の廃校になった小学校校舎が夢舎。

民宿といってもあのころはやっていたユース形式の宿で

男女別相部屋、食事は宿泊者みんなで食堂でわいわい。

夢舎の食堂兼リビング?は、小学校だったときの職員室で

わずかに畳が引いてある以外は板の間。

みんな一人が多かったから、到着するとだいたい食堂に集まってくる。

で、必ずといっていいほど、「どっから来たの?」 「どこかいいところあった?」

「次は、どこへ行くの?」

名前を聞くように情報交換して、その情報で翌日の行き先を決めたりした。

同じ時間を過ごすうち、古くからの友人のように仲良くなってしまう。


私が到着したとき、たらちゃんはすでにたらちゃんと呼ばれていた。

「なんでたらちゃんなの?」と聞くと

ほかの男の子が、「こいつ、自己紹介で自分の名前かんで、たらって発音したんだ」

「だから、たらちゃん」

それから、みんなでたらちゃんって呼んでいたらしい。

今でこそ、りっぱな「経営者」になっているたらちゃんも

その当時は、学生っぽさが残る、ほそ~い青年だった。

夕飯は食堂の机で鉄板で鮭を焼く「チャンちゃん焼き」

準備中、突然、宿主のお父さんが「よしっ!夕陽、見に行くぞっ!」っと

希望者をワゴン車につめこみ

丘に上へ。

なんだかその風景に「うわ~。。。」といったきり感動で無言になる。

日が沈むと、「さ、夕飯の続き。。。」とまたワゴン車へ。


同じ夕陽に感動しただけで、今日はじめてあったみんななのに、なんだか連帯感が生まれる。

夕食をとりながら、いろんな話で盛り上がる。

夕食後も時間が許す限り、盛り上がる。

冷え込む夜は湯たんぽを寝床に仕込んで、心地よい疲れとともに眠る。

そんな夜をすごして、翌日は連泊の子を残してみんな、次の目的地へと宿を離れていく。

北海道の旅はそんな日々の繰り返しで、

帰ってくると日本各地から写真とともに手紙が届く。

「また、旅先であえたらいいね。。。」って。


夢舎仲間で東京に集合してワゴン車で安曇野へ行ったこともあった。

コテージを借りて、3:3の6人でわいわいと。。。

そういえばあれきり、安曇野へは行っていないな。

思えば、それだけの付き合いで、その後頻繁に会うとか、

連絡を取り合うとかはまったくなく、年賀状だけの付き合いだった。

みんな結婚し、親になっていくのに

なぜか、リーダー的なたらちゃんだけが一向に結婚の便りがなかった。

仕事好きで、縁遠いのかな?っと思っていた。

それが数年前、結婚の知らせが。。。

やっと年貢を納めたか

っと思ったら、「軽井沢に引っ越しました」とはがきが。。。

はがきに手書きされた「ぜひ遊びに来てください」の文字が昔と変わらなかったから、

つい、メールをしてみた。。。

で、今回の軽井沢行きが実現したわけで。


先日、たらちゃんからメールが来て、

「まるで、今年の夏に出会ったみたいだったね」と


旅友は不思議。

同級生のように一年を同じ教室で過ごしたわけでもなく、

なにか一緒に作り上げたわけでもなく

数時間、数日を過ごしただけなのに長く付き合って

会えば、ずっと親しかった友人のようになじんでしまう。

同じ思い出の中で、四半世紀が「ついこの間」にタイムスリップする。


それは、純粋に、友達で

本当によき友人で、なんだか、人間として好きなのだ。


今回の旅も、最近ちょっと袋小路だった私に

開くかもしれない扉のありかを教えてくれた。

。。。。あぁ。そうだった。そうだよね。



40代になると、時々「このままでいいのかな。。。」と不安になる。

不安になるが、このまま何も気づかない振りをして、流されればそれが平和だし

うまくいく。 波風をわざわざ立てることもない。。。っと。

自分をふたすることになぜか慣れようとしていた。


なにか、そう思いながら釈然としなかった。


埋没するのが大人なことか。。。


やっぱり違う。

それを確認した。



神様は、(私はクリスチャンではないが)私にいつもいいタイミングでいい光を落としてくれる。

一生懸命仕事して、休日は思いっきり遊ぶ。。。

そんなたらちゃんの生活も少し見習おう。。。。

幸せで仕方ない、そんなオーラ漂うたらちゃん夫妻にも、

すっかり忘れていた幸せをもらった気がした。




帰ってからの生活が少し明るい自分に気づいている。


軽井沢後編はまた明日。。。



















  


Posted by リリィ at 22:41Comments(0)

2010年10月27日

旧軽井沢

続きです。

朝食後、「観光客が増えないうちに」と早めに旧軽銀座へ。

季節は、紅葉にはまだちょっと早く、観光客は少なめ。

旧軽銀座の奥、木立の中の「ショー記念礼拝堂」へ。

木造の素朴で小さな教会は、今でも現役の教会で日曜日には礼拝も行われている。

ほかの観光客が一人もなくて、貸切状態。。。

ひんやりした朝の空気の中で、ひっそりとたっている礼拝堂は

どんな華美な教会より、凛として、

古きよき日本をも知っているかのようで

私はクリスチャンではないが、

こんなところにこそ神が宿っているようだった。


旧軽銀座は、お約束のお土産屋さんやパン屋さん、カフェ、写真館、木工のお店やレース専門店。。。

何も予備知識を入れてこなかった私でも

買い物は大好きなので、試食をあちこちでしたりして、あれこれと買ってしまう。

たらちゃんは、本当に付き合いがよく、勝手に歩き回る私に

ちゃんと付き合ってくれて、

あれこれと案内してくれる。



。。。うちの旦那は絶対しないな。。。と思う。



試食するものみんなおいしい。。。困ったな。

試食でおなかいっぱいになりそう。。。。

買いたいものを絞るのにも迷う。。。



フルーツソース、お漬物、瓶詰め野菜。。。買いすぎて重い。。。

たらちゃんはそれも持ってくれる。


これもうちの旦那はしない。

「持ってよ」っていわないと、重そうに下げていても「持ってやろうか」とはいわない。


よその旦那様は優しいのにな。。。



二時間くらいうろちょろ。

お昼前に「予約の取れないピザ屋さん」に

奥様と愛娘ちゃんも一緒にランチに出かける。


どこに行っても木立があって、空気が澄んでて。。。

なんかすっごく穏やかな時間をすごしているような気がした。



来てよかったな~。。。。

素直にそんなこと思っていた。





  


Posted by リリィ at 23:04Comments(0)

2010年10月25日

軽井沢へ

再会した「たらちゃん」は和食のお店に連れて行ってくれて、食事をしながら

近況報告。。。22年ぶりだよね~。。。

ふと、

あれ、男性と二人で食事を取るって、(だんな以外)ものすごく久しぶり?

そっか、たらちゃん、男性だし、よそのだんな様だし。。。

ちょっと照れるな。。。


話しながらゆっくり夕食をとるなんてこれもなんだか久しぶり。

おいしかったし。


新幹線の時間が迫っているので東京駅まで急ぐ。

駅までの通り道、たらちゃんの社員さんがいたらしいが、

「変に誤解されるといけないから。。。」と。。。スルーする。

そうですね、私じゃあ誤解されるにもご不満でしょうから。。。はいはい。


東京駅から長野新幹線で軽井沢へ

車内でも、ずっと話は途切れず、それどころか親ばかたらちゃん、

愛娘の写真を出してきてニコニコ。。。

はいはい、確かにかわいいです。あなたにそっくりで。。。


「で、軽井沢駅からなにで家まで行くの?」    

私はてっきり奥様がお迎えかと思いきや

「駅前に車停めてるからそれで帰る」
 
あれ?さっき「のんで」なかった?

。。。。いいのか?


1時間ほどで軽井沢に到着。

ホームに出ると空気がひんやり冷たい。

かなりの温度差だった。

東京はちょっと涼しいくらいだったのに、寒いと思う気温だった。

やっぱり「長野」なんだな。

駅から本当に車でたらちゃん邸へ。

軽井沢の中心部からちょっと離れた住宅地にたらちゃん邸はあった。

絵本に出てくるようなかわいらしいスウェーデンハウス。

まだ新築の匂いのするお宅だった。

深夜だったので、迎えてくれた奥様への挨拶もそこそこに

ゲストルームに通され、お風呂使わせてもらって休むことに。


たらちゃんの愛娘ちゃんには明日おめもじを。。。



翌朝は、晴天のひんやりした空気の中、早朝からたらちゃんと近所へお散歩に出かける。

軽井沢って、なんか違うイメージでいたけど、

なんかフツーに畑あって、神社とかあって、フツーに長野の山間部の町って感じで

浅間山がきれいにみえて、空気が澄んでて。。。

いいところだなぁ。。。なんて思いながら歩く。

歩きながら久しぶりとは思えないほどなんか話がはずむ。

運動不足の私にはちょっと息が切れる散歩だったけど。


東京とはまったく別世界。

しかし、ここに暮らそうと決めるってなんか思い切ったっていうか

確かに仙台から東京に通勤している人たちもいるらしいし

埼京線に一時間すし詰めなら新幹線の方が楽チンで優雅だし。。。

だけど、長野だぜ。。。と思っていた。

でもなんか、わかった気がした。

帰ってくるならこんなところがいいな。。。いちいち出かけなくても

「我が家の近くに」リゾートと自然がある。

いいところに衝動買いをしたものだと。。。

私にも「金」があったらねぇ。。。


そんなこんなでたらちゃん邸に戻り、たらちゃん自慢の愛娘ちゃんにもご挨拶。

寝起きで、「だれ?」みたいな反応だったが、写真よりはるかにパパ似。。。

初対面なのに泣かれもせずちょっと安心。



奥様の朝食をいただいて

今日は鉄板の旧軽井沢へ出かけることになる。



続きはまたあしたね。

  


Posted by リリィ at 22:03Comments(0)

2010年10月24日

先週末

軽井沢に行ってきた。

前にも登場している旅友のたらちゃんが軽井沢に新居をたてて

遊びにおいでとずいぶんまえから誘ってくれていた。
本当は金曜日の夜は東京駅近くに泊まって

ほかの旅友と会う予定が彼女に急な仕事がはいりキャンセル。

たらちゃんの奥様のご好意で、たらちゃん宅に二泊連泊することに。

和歌山を夜勤明けの午後、慌ただしく出発、

新大阪乗り換えで東京まで向かう。

東京にいくのは数年前に大学の面接授業のため茗荷谷の学習センターに行って以来だった。

いまどきの新しい新幹線は席に充電用のコンセントがあったり

おトイレは広くてきれいだし

なんかずいぶんよくなったのね〜なんて思いながら東京駅に降りた。

降りたとたん、

あぁ。。。人が多い。いくら週末の夜だからってなんでこんなに歩いてるんだろ。。。

ややヒビりながら待ち合わせの場所を探し、荷物をコインロッカーにいれて改札を出た。

駅を出ると高層ビル。

やっぱり東京だなぁ〜と思いつつ待ち合わせ場所へ

仕事帰りのビジネスマンが行き交う。

聞こえてくるのは聞き慣れた関西弁ではなく標準語。

当たり前だが、なんか違和感を覚えるようになっているのは関西が長くなった証拠ね。

しばらくしてたらちゃんからメールが入り、携帯に電話がきた。

私の記憶が正しければ、22年振り。

たらちゃんは仕事終わりなのでスーツ姿であらわれた。

おっ。

ひさしぶりだね。。。


以前、いただいた結婚式の写真でなんとなく予想はしていたが

あのころのスレンダーな彼ではなく、わりとメタボなたらちゃんだった。

ま、私も人のことは言えないが。。。


軽井沢編はまた明日。
  


Posted by リリィ at 19:09Comments(0)

2010年10月08日

秋になって

体重が減りにくくなってきた。

ご飯がおいしい。。。どうしよう。


そのせいではないでしょうが、右手、腱鞘炎っぽい。

親指が曲げると痛いんです。

一部では「メールのしすぎ」とのうわさが。。。。

そんなにしてねーよ。。。。

でも、一ヶ月で800通を超えるメールって多いの?

若い子だったらもっとしてるよね。

あ。。。若くないし?



しかし、送受信のメールを読み返すと、どう考えても

40過ぎのおっさんとおばちゃんの会話じゃないメールがあったりして。

青春のノスタルジーってやつですがな。。。



  


Posted by リリィ at 13:52Comments(2)

2010年10月06日

心不全

私ではなく、愛犬の方ですが。

先日、車椅子で公園まで初めて行った彼女

しかし、途中で息切れ。。。
水を飲ませたら舌が紫色。。。

チアノーゼです。

安静にすると治りましたが気になって昨日獣医さんところに。

レントゲンとエコーしてもらい、『心不全と僧帽弁閉鎖不全』といわれました。太りすぎもよくない。

お薬増えました。

リィちゃん、ダイエットね!
  


Posted by リリィ at 23:35Comments(4)