仙台で生まれて25年間すごして、ひょんなことから関西の人に嫁ぎました。 和歌山在住。 家族は主人と京都に暮らす大学生の娘、13才でお星さまになったコーギー犬リリィです。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年08月28日

友達からの電話

軽井沢のたらちゃんに、久しぶりにmixiからメールしたら、

近況とともに、何かあった?とメール。

彼は、避暑地の軽井沢に住んで、猛暑の東京都心まで新幹線で通勤している。

奥様は来月第二子の出産をひかえ、ベビーちゃんがやってくるのを二人で心待ちにしている。

幸せいっぱいの家族だ。


私といえば、別に何てことない日常で、大きなダメージも体調不良もないのだが

なんとなくすっきりしない気分が続き、息苦しくなっていた。

最近は愚痴も多くなって、それはそれでいやになっていた。

あ~、楽しかったな~とか、充実したな~とかいうこともなく

文字通り「なんとなく」仕事をこなし、家事をし、過ごす毎日。

それはそれでいいのだけれど、

とてもいいことなんだけど、

いろんなものに「ふたした」みたいに息が詰まる。

「大人」である自分が大人らしく振舞うことに、ちょいちょい疲れたりして。


ホントの私はもっと「ガキ」で「わがまま」で「頼りない」のに

それが許されないのは。。。年齢のせい?


頼られる責任感と、へなへなと座り込んで泣き出したい頼りなさがせめぎあう。

それでも、「できない」とはいえない、「こうでなければならない」自分をまとう。

で、結果、まとった鎧が他から見える「私に」なっていく。

大人とはそんなものなのだろう。

そう思ってはいるのだが、時々疲れる。



あぁ。。。疲れたな~。なんて。



そんなこと、メールしたもんだから、たらちゃんは心配して?電話をしてくれた。

経営者であるたらちゃんは、雇われものの私なんかとは比べられないほど

たくさんのものを背負って、仕事している。

もちろん、男だから家族の未来も背負っている。

私のように、文句を言っていればいい勤め人とは違う。

「専業主婦」っていう逃げ道もない。

だから、ちょっと恥ずかしくなる。うじうじしている自分が。



いやだったのは、周りのいろんなことではなくて、

なんだか脱力気味で生活している自分なのかなと思った。



「がんばれよ」とか、「しっかりしろ」なんて、一言も言わないが

ちょっと元気にしてくれた。



ありがとうね。

くさってないでがんばるよ。

夜中に1時間以上も電話してごめん。

まだはじめてないゴルフ、もう少し考える。

運動オンチなもので。。。

ベビーちゃん、生まれたら、また遊びに行かせてください。













  


Posted by リリィ at 17:13Comments(0)

2011年08月21日

8月も下旬

暑い、暑い毎日が続いていたが、

今日は全国的に雨模様。

和歌山も朝から降ったりやんだり。

厚い雨雲が陽射しを遮ってくれるので涼しい。

このところ、職場の病棟では認知症の方が激増。

しかも中途半端に動けるから、困る。

転んだりしたら即骨折につながる。

そして、たとえ患者さんが勝手に動いて勝手に転んだとしても

施設内で起きたことは『事故』として報告義務があり、

その対策をとらなかったとして極端な場合裁判を起こされる事象になってしまう。

だから、最近の夜勤は精神的に重い。

ガチャンとかガタンって音がしてくれるならまだ発見も早いし

未然に駆け付け防止することもできる。

しかし、ラウンドしたときに床にいるのを発見。。。なんてことも多く。。。

それがあちこち、たてつづく。

あぁ。。。

人間、人生にも潮時ってあるよなぁ。。。なんて思ってしまう。


認知症は本人の罪ではない。

かえって、認知症患者の多くは、深い霧の見知らぬ森に迷い込んだような困惑した日々を送る。

ボケたと気づいたとき自らも傷ついている。

愛する家族に疎ましがられ淋しい思いもしている。

自分の存在価値を見失う。

だからこそ、看る側として平常心を保とうとする。

しかし、こちらにも許容量があるなぁ。。。

時に、些細なことに『イラッ』としてしまう自分に落ち込む。

そして、少子化世代に自らの高齢期を託す身としては

ボケる前に死なないとな。。。と思う。


いつまで生きてるのかな、なんて思われたくない。

もう少し生きていて欲しかったと思ってもらえるくらいでちょうどいい。

かつて、長寿は『ごく稀なこと』だったからめでたかった。

食事の楽しみもなく、オムツをあてがわれ、一人でトイレもお風呂もままならならず、

子供達には面倒見れないから施設に入って、といわれる、そんな日常が

満ち足りた老後なのだろうか。

戦中、戦後の日本を支えた世代は、いま急速に

また深い霧の深い森の中で明日を憂いている。


なかなか人生を終わらせてくれない医療と世間体の中で。  


Posted by リリィ at 14:02Comments(0)

2011年08月12日

8月12日

今日は、昭和60年に御巣鷹山に 日航機が墜落した日。


昭和60年といえば、私は3月に国家試験を受け、

看護師としてR病院のオペ室に働きだしたころ。

日航機墜落から何年。。。との話題を耳にすると

あぁ、もうそんなにたったのかなぁと思う。

羽田から伊丹空港に向かった123便。

キャンセル待ちをして乗り込んだ乗客もいたそうだ。

夏休み。

関西の祖父の家に初めての一人旅だった少年、

ディズニーランド帰りの家族連れ

ビジネスマン

坂本九さんも乗っていた。
たくさんの人生が乗っていた。


あの時、500人も亡くなったなかで生存した四人のなかの一人、14歳だった少女は

のちに関西の親戚のもとで成長し、看護師になったと聞いている。


病院に勤めていると、なにげない今日が、

だれかの命日になったりすることがある。

お盆のこの時期は、なぜか病院でも死亡が相次ぐことがある。

ある本で

『あなたが、つまらない一日だとなにげなく過ごした今日は、

昨日亡くなった人がどうしてもなんとしても

生きたかった今日なのです』


文面は正確ではないかもしれませんが、

なにげない一日はどこかのだれかにとっては大切な日だったり

生きることさえ許されなかった日だったりするのだと。


だからこそ、

今日をなにげなく平穏に過ごせたことを心から感謝します。


あの日、あの夏の日

未来の扉を閉ざされたたくさんの人々に

合掌。。。。
  


Posted by リリィ at 16:27Comments(0)

2011年08月08日

立秋

こよみの上では今日から秋。

うっそー!


『残暑お見舞い申し上げます』
  


Posted by リリィ at 11:26Comments(0)

2011年08月06日

七夕祭

夜のニュースで仙台の七夕祭の様子をしていた。

そうか、昨日は花火だったのかな。

大人になるとあまり行かなくなっていた七夕祭。

遠くなるとなんだか恋しいもの。

必ず一日は雨になって、飾りがビニールに入れられていたっけ。

吹き流しの和紙の香り、土産物やの声、氷水に浸けて売られている缶ジュース、
青葉城恋歌なんかまだ流れてるのかな。

そういえば、七夕デートってしたことない。

あれぇ。仙台人としてはずしてるかな。

女友達や家族とばかりいっていた。

しまった。


今年は雨が降りませんように。。。
  


Posted by リリィ at 23:48Comments(0)

2011年08月06日

気管支炎

やっぱり、『病気』だった。

いつもは薬だけもらうんだけど、今日はレントゲン撮ってもらった。

やっぱりね。気管痛かったもの。

気管支炎だって。


気管支拡張剤も出してもらいました。

夏にここまでひどくなるのは初めてだわ。

歳かしら。

今日はお昼の職員食堂の薄いみそ汁さえしみた。

みそ汁しみるって子供のとき以来だった。

明日は夜勤なのでおとなしく薬のんで寝ます。
  


Posted by リリィ at 21:21Comments(0)

2011年08月04日

夏風邪?

先週末から、乾いた咳が出るようになって

今週になって喉の痛みと午後からの発熱が続くようになった。

喉っていうか、気管がずし〜んと痛い。

息をする度に気管に刺激になって時折、咳がでる。

咳がでると、胸の真ん中が痛む。気管が痛い。

ひどい気管支炎になった時みたいなのだが、それほど高熱にはならず微熱くらいで

朝には下がる。

だから、夜勤がちょっときつい。

アレルギーなのか?

唾を飲むのは痛いが、食べ物は飲み込むときに痛気持ちいいので食べられる。

あれ。

『エム』?

(-.-;)
  


Posted by リリィ at 19:12Comments(2)

2011年08月04日

8月

8月になって、日中はギラギラ夏の太陽が暑さをつれてくる。

しかし、今年の夏はなんだかちょっと違う気がする。

関西の夏は、例年、朝から30℃近い気温と熱風で目が覚めるものなのだが

今年は朝がさわやかなのだ。

今月に入って、22年間働いた寝室のクーラーがついに壊れて

どうしようかな。。。先月リビングのを買い換えたばかりだったし、車検もあるしと

思案していた。

しかし、どうも寝苦しいほどの「熱帯夜」がない。

おかげで、我が家はいまだに「省エネ」生活で持っている。

だけど、南方からひたひたと台風が迫っている。

湿気と南風をつれてきたら、この空気も一変するかしら。

電気屋さん、行ってこようかな。。。今のうちに。。。





  


Posted by リリィ at 12:51Comments(0)