仙台で生まれて25年間すごして、ひょんなことから関西の人に嫁ぎました。 和歌山在住。 家族は主人と京都に暮らす大学生の娘、13才でお星さまになったコーギー犬リリィです。

2014年12月27日

年内最後の

今日は神戸にいってきました。
年内最後の循環器の学習会。

講師をしてくださる先生は、今日、救急当直なのだそうで。
お忙しい。

先生とお仕事していたのは神戸時代。
私の第一印象は『こわい看護婦さんがいるなぁ~(((((((・・;)』
だったそうで。

ひどいなぁ。
ちょうど、病棟で患者さんにひどく接する外科のドクターに抗議していたところを見られたのが初めみたいで。
あの頃は私も生意気だったから。

患者さんを『友達』とよび、住み慣れたこの街で『死なせてやりたい』という。

安全はみんなで創るものといい、職種を越えた学習会を主宰している。

こんな病院をつくっていきたいね、と、
思いはおなじなんだけど、環境を共にできないのが残念でならない。

理想を持つこと
スタッフを大切に思うこと
なにより『ここ』で満足しないこと

なんだか最近、基準とかクレームとか、そんなことに神経を使いながら

本質がなんだかわからなくなる毎日の仕事。

医療ってなんだろう、って忘れそうになっているこの頃だから
先生の情熱に触れる度に
あぁ、そうだったと思い出す。

来年は阪神大震災から20年。
いまだに病院の最寄り駅に降りると涙が込み上げる。

振り返れば、4才の小さな娘がいるような気がする。
きれいになった歩道に、山積みの瓦礫の幻をみる。
埃と焼け焦げた臭いがする。
駅から病院への道すがら、
あの日、病院に駆けつけなかったことをまだ後悔する。

だからこそ、私がもらってきた財産を、どうやって若い人に置いていこうかと考える。


『悪いなぁ、遠くから来てもらって……。』

いつもにこにこ迎えてくれ、
素敵な生意気盛りのスタッフに
あの頃と変わらない信頼を集めている。

もう一度、先生と仕事したいなぁ…。


『また、連絡するよ、来年もよろしくなぁ~』


こちらこそ、部外者ですが、また仲間に入れてください。
来年もよろしくおねがいします。


この記事へのコメント
配信通知が着ました。久方ぶりです。2014年ももうわずかです。お互いにいろいろ有った年かと思いますが、私ながら思い返すと大事な1年だった気がします。リリィさん、佳い御年を。リリィさんにとって2015年は佳い年となる気がします。

PS:と偉そうなことを言いましたが、実は、今年全くツいていない1年でした。来年こそは人並みにツいていて欲しい感じがあります。
Posted by むむ at 2014年12月31日 00:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
年内最後の
    コメント(1)